上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
日常生活していると、多くの場面でくわすが、
デジタルカメラが活用されている場所、場面を
考えるとほんとうに生活に浸透しているなぁと
感じる。

年度末近くになると、公共工事が多くなる。
その現場監督らしき人物が片手にもっているのが
デジタルカメラである。
工事報告書や報告書類のために必要な情報だ。
以前のようにフィルムカメラなら撮影して
現像という流れだろうと思うが、
デジタルになれば、そのまま報告書に貼り付けて
データとしても保存できるからすばらしい。

有名人に偶然出会い、シャッターチャンスのときに
以前なら携帯のカメラしか見受けられなかったが
今は、小型のデジカメで撮影している女性陣。

あるときバス停で待っていると
時刻表にデジタルカメラを向けている青年がいた。
なるほど、今は筆記具でメモするのではなく
デジタルカメラのカシャの一瞬でメモするのだ。
あとでプリントアウトすればそのまま使えるだろう。
スポンサーサイト
2007.12.19 Wed l 未分類 l コメント (29) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。