上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
研究室にいるとき、記録に取るものといえば、
手書きのメモ、
被測定物の外観写真など
今、この瞬間を記録をするという意味では
写真で撮るという記録が一番手っ取り早くて
効率が良い。
私も、顕微鏡で観察しているとき
これをデジカメでとれるのか?
と思いチャレンジしたことがある。
結論としてはとてもきれい撮影できたのだが
なんとなくピントが合っていないものも
多くあった。
こんなときのピント合わせはマニュアルに限る。
シャッターを押す瞬間のブレを極限まで
小さくしたときにとても美しい瞬間を
記録することができた。
スポンサーサイト
2008.10.21 Tue l 未分類 l コメント (1) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。